リプロスキンとビーグレンとの出会い

  • 高校生の時からニキビに悩まされ20代前半でクレーター肌に。

もうほんといやになるんですよね・・。

プロアクティブからはじめピーリングに通いビタミンC導入材を使用しても治らずサーマクールに20万円かけハイドロキノンも輸入し・・。

いったいいつ終わるんだ!!ということでこんなブログを立ち上げてみました。

もうほとんど治療という観点では諦めています。アラサーですし、おっさんです。

でも気になるんですよね!!視線が痛い

「僕のボックス型を見てるのか?アイスピック型を見てるのか?」って・・。

あっこれはクレーターの種類の名称です。

こんなかんじでクレーターに名前があてられてるんです。

  • アイスピック型

    名前の由来通りアイスピックでグサグサ突き刺したようなかんじ。入口は2mm位と狭いけど真皮よりもさらに奥深くにあります。コンシーラーで一番隠しやすいかな。

 

  • ボックス型

    これも見た目通りボックスカーみたいですよね。入口4mm位と広いけど陥没が他のとちがい浅いの特徴もです。
    •  
  • ローリング型

    これはローリングタイプと呼ばれるやつです。入口が4mm位と広く皮下組織まではダメージいってないけどそこそこ深く2つ繋がっていたりすることもあります。

どうですか?こんなに種類があります。

今やダーマペンやフレクショナルレーザーなどありますが、長年の付き合いから「ふっ、またかね・・」と正直おもいますね。

時代時代によってテクノロジーが進化し・・ってのはわかりますがこちとら諦めております。

治療は(ヾノ・∀・`)ムリムリ。

ただ、薄くなった~くらいなら正直可能だと言い切れます。自分がそうでしたから。

完璧は無理かも知らないけどスキンケアである程度までは追い込めるんですよね。

結構ニキビ跡に悩んでる人が専用の化粧水を使ってみた!というような口コミを見てると完璧主義者が多すぎます。

僕は今どちらが影響してるかわかりませんが【リプロスキン】と【ビーグレン】というものを使用していますがそこそこ満足しています。

  • その1 リプロスキン

サーマクールで20万円を使って以降は正直諦めていました。無理無理ーとコンシーラーだけ適当に塗って。ただ25歳を過ぎて「コンシーラー塗ってきついかも!!」と思いスキンケアにもう一度興味をもちました。んで確か当時コレとビーグレンというものを見つけました。

値段高い!!とか文句書かれてたけど正直そんなに?!と思い両方とも購入しました。

ビーグレンのトライアルセットと。

若い頃にニュースキンの洗顔とかを使っていたのでこういうステマっぽい商品の方が商品にかけるお金がデカイのを元々知っていたのでそんなに抵抗なかったのはあるかも。

ほんでまあ使ってみると「何嘘書いてるのって?」思うかもしれないけどよく行くライブハウスの店員さんに「あれ?なんか小奇麗になったっすねー!」って。

正直鏡をみて自分では変化はわからなかったけど、そこから会う人会う人に言われるから手放せなくなったんですよね。

ほんと個人差とかぜったいあると思うけど、僕はリプロスキンにちょっと救われたので。

あっ、成分がどうとか口コミがどうとかはこんな感じのサイトを参考にしてよねー

参考サイト:リプロスキン口コミ

人生ってわかんないもんですねー

  • その2 ビーグレン

そう。リプロスキンと共に買ったのがコイツです。ビーグレンのトライアルセット。

今はぶっちゃけこの中の「クレイウオッシュ」しか使用してないです。

さすがに毎月フルセット買うのは高いんであれやこれやと考えながら組み合わせた結果ビーグレンの洗顔とリプロスキンが自分はしっくりきたんですね。

なんでかと言いましたら鼻の黒ずみくらいは鏡でわかるんですが(ニキビなどは凹凸があるから鏡であんま判断できないんですよね)それがゴッソリと・・。

使い心地はニュルっとしたかんじで「あっ・・弱酸性っぽい・・」ってかんじです。

アルカリ性のものを使用したら洗浄力が強いので、なんかこう「スッキリ!!」ってなりますが弱酸性だとなんかぬめり落とすみたいな??w そんなかんじですね。

(こちらは洗顔なので成分とかは割愛しまーーーす。)

まあこんなかんじで【リプロスキン】と【ビーグレン】との出会いを書いてみました!!

自分は「小奇麗になったね!」って言葉が嬉しかったし他に悩んでる人になんか伝われば
いいなってゆっくり書いていくんで宜しくデス!!